ブログ|生駒市鹿ノ台で歯科をお探しの方は有山おとなこども歯科まで

時間 日祝
9:00~13:00
15:00~19:00

:木曜午前は、往診
休診日:木曜午後・日曜・祝日

fax. 0743-85-7531

〒630-0112
奈良県生駒市鹿ノ台東2丁目4番1

  • 地図
  • カテゴリー

  • アーカイブ

虫歯予防!! どうして虫歯ができるのか??

2020年5月21日

こんにちは 院長の有山です

今回のブログは皆さんが知っているようで知らない『虫歯』についです

 

歯医者での治療は極力避けたいもので、できれば虫歯になりたくないですよね?

 

昔から虫歯予防には歯磨きだ!と指導されており

虫歯予防=歯磨きと考え一生懸命歯磨きを行ってくれています

 

でも実際に歯磨き上手でも虫歯ができる方が大勢います

 

はたして虫歯予防=歯磨きは正しいのでしょうか?虫歯が出来やすい人と出来にくい人で何か違いはあるのでしょうか?

 

虫歯の事が理解できれば<虫歯予防>の方法もわかってくると思います

 

そもそも虫歯とは口の中に存在する『虫歯菌』によって歯が溶ける病気の事を言います

つまり原因は『虫歯菌』です

 

虫歯菌は生後すぐの赤ちゃんの口腔内にはいませんが、保護者からの口移しや同じ食器の使用などによって感染していきます

 

では虫歯菌はどうやって虫歯を作るのでしょうか?

虫歯菌は口腔内に入ってきた糖質を代謝することで酸を産生し歯を溶かしていくのです

 

糖質とは

ショ糖(砂糖) 果糖(果物)

乳糖(牛乳、ヨーグルト)

炭水化物(米、パン、パスタ、うどん、イモ類)

これらに糖質が含まれています

 

つまり私たちが食べたり、飲んだりするもの大概が虫歯菌の餌になります

これらの糖質が口腔内に入ってくると虫歯菌たちは一斉に酸を放出し、歯を溶かしていきます

 

グラフは糖質が口腔内に入ってきた時のお口の酸性度合いを表したグラフです 

pH7が中性で数値が下がるほど酸性を表します

 

pH5.5を下回ると歯の表面のエナメル質が溶け出してきます

この歯が溶けることを『脱灰』と言います

口腔内に糖質が入ってくると、たちまち脱灰が起こり、その脱灰は20-30分継続します

ただし歯は溶け続けるだけでなく、溶出したミネラル分を再吸収する『再石灰化』も生じるため歯の形態を維持できているのです

 

この口の中を中性に戻す役割は『唾液』が担っています

 

規則正しい食生活習慣を行っていれば、図のように脱灰(ピンク)時間が少なく、再石灰化(青)時間が長いため虫歯にはなりません

しかしながら、間食や飲み物をダラダラ摂取していると、脱灰時間が多くなりすぎてしまいます

そうなると再石灰化が追いつかなくなり、歯に穴が開いてくるわけです

 

これは間食だけでなく飲み物もです

大人で多いのですが、仕事中に缶コーヒー(ブラック以外)がデスクの上に置いてあり一日中ちびちび飲む  

これは上のグラフを理解していればいかにリスクが高いかわかりますよね?

 

また飲食物を飲み込んでからようやく中性に戻っていくので、飴やガムのように長時間お口の中にとどまっているものはより脱灰時間が長くなります

 

あと寝ている間は唾液量が減少するので、寝る前の糖質摂取は脱灰時間の増加になります

 

 

このように口腔内の酸性度合い(脱灰、再石灰化)を意識し改善できれば、虫歯のリスクが大きく下がります

 

虫歯の多くは生活習慣病(一部例外もありますが)なので、生活習慣の改善が一番の予防になります

虫歯がよくできる方は何か生活習慣を見直してみてください!

 

その他虫歯予防に関しての情報は随時アップしていきます

 

有山おとなこども歯科 院長 有山誠人

EO水(電解酸性機能水)の導入完了・ユニット内除菌ポセイドン

2020年4月30日

こんにちは 院長の有山誠人です。

天気も良く暖かくなってきましたが、外出自粛期間のためホームステイで家族との休日を楽しんでいるこの頃です。

 

さて新型コロナウイルスの感染拡大により現在緊急事態宣言が出されて、期間延長も考えられる現状であります。

収束の目処は立っていない現状ですね。

 

当院では新型コロナウイルスの感染拡大に伴い

院内感染症対策としてEO水(電解酸性機能水)の導入いたしました。

http://selfmedical.jp/product/eo/

EO水は水に微量の食塩を添加し電気分解して生成された次亜塩素酸を主成分とする酸性の水溶液のことを言います。薬品の添加はありません。

 

EO水には殺菌作用、殺ウイルス作用が科学的に認められおり、

この度ダイヤモンドプリンセス号の消毒で使用され、新型コロナウイルスにも殺ウイルス作用が認められました。

このEO水は、細菌、ウイルス、体液等に触れた後、直ちに普通の水に戻りますので、機材やチェアー、床の消毒に使用するだけでなく、うがいや歯周炎の消毒にも使用できます。

今後はEO水を積極的に使用し、患者さま、医療スタッフの感染予防に努めていきたいと考えております。

 

 

 

また院内の水関連でもう一つ。

当院ではチェアーで使用する水(紙コップのお水、歯を削る時や歯石除去に使用するお水)を除菌するポセイドンhttp://selfmedical.jp/product/poseidon/を導入しています。

 

近年問題となっているのがチェアー内の雑菌の繁殖による水の汚染です。

夜間や休診日にチェアー内の残留塩素濃度が低下することで、内部で雑菌が繁殖し配水管にプラーク(細菌の塊)を形成してしまいます。

プラークだらけの配管を通ってくるお水は汚染されており、そのお水は水道法の基準以上の細菌が検出されるとのことです。

せっかくお口の中をきれいにするために治療に来ていただいているのですから、治療で使用する水も綺麗な水を使用したいということでポセイドンを導入しました。

ポセイドンは細菌の繁殖を抑えるために、残留塩素濃度を補正し、診療用のお水を清潔に保ってくれます。

EO水と同じで水道水を電気分解しているだけで薬品等は使用していませんのでコップのお水は飲んでもらっても問題ありません。

有山おとなこども歯科では皆さまが安心して治療していただける、そんな当たり前ですが理想の水環境が整っております。

 

                          院長 有山 誠人

 

 

ブログ更新

2020年4月24日

こんにちは。有山おとなこども歯科 院長の有山誠人です。

令和2年4月にここ鹿ノ台にて開院させていただきました。

 

地元は生駒の北大和で、鹿の台には父親のクリニック(鹿の台歯科クリニック)があるため、小さい頃からよく遊びに来ていました。

鹿の台はとにかく夏祭りがめちゃくちゃ楽しかった思い出があります笑

当院は屋号のようにお子様からシニア世代まで全世代のかかりつけ医になれるよう心がけていますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

さて現在新型コロナウイルスの蔓延で、緊急事態宣言が出されている最中でございます。

当院では新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、院内での感染予防のため、来院時に検温を実施しております。

37,5度以上の発熱がみられる場合、または2週間以内に発熱症状、味覚、嗅覚異常、倦怠感がみられる方は、予約の変更・延期をお願いする場合もございますので、皆様のご協力をお願いいたします。

 

また患者様からの院内感染の予防のため、手指消毒、消毒薬による口腔内の含嗽もお願いしております。

加えて院内では次亜塩素酸水による床の消毒、チェアーや待合の消毒、加湿消毒、常時換気を行い感染対策を行っております。

今後も院内感染予防策を随時講じていこうと考えておりますが、場合によっては患者様にご迷惑をおかけする事もあるかもしれませんがご了承ください。

 

有山おとなこども歯科 院長 有山誠人

 

 

ブログを始めます

2020年3月25日

よろしくお願いいたします。

 
ページトップへ